プラセンタでアトピーや花粉症対策

アレルギーに強い体質を作ってくれます

アトピー

ここでは、プラセンタがアレルギーに強い体質を作るメカニズムについて解説しています。 皮膚科でも採用しているプラセンタでの治療。どのような作用がアトピー性皮膚炎の症状を緩和させてくれるのでしょうか?

最近、プラセンタによるアトピー性皮膚炎の治療が行われているのを知っていますか? アトピー性皮膚炎とは、アレルギー反応により、皮膚に炎症が起こる病気です。

アレルギー反応から引き起こされるものにはアトピー性皮膚炎以外にも、「花粉症」「喘息」「アレルギー性鼻炎」など数多くありますが、このような疾患にプラセンタが役立つ可能性があるのです。

プラセンタ愛用者からの口コミには、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状が改善されたという声もよくみかけます。

「慢性のアレルギーの症状が軽くなっています」「アトピーのかさつきがなくなり、肌がすべすべに」「アトピー性皮膚炎でしたが、ダメもとで飲み続けたところ効果ありました」「アトピーが軽減してきました。病院からもらっていた薬も、今では必要ありません」「毎年花粉症の季節になると、鼻がつまって大変でした。今ではかなり軽くなっています」。

このように、アトピー性皮膚炎や花粉症にも、プラセンタは効果を示しているようです。

プラセンタは免疫を強くして、アレルギーに強い体質をつくります

プラセンタには、免疫力を強化する作用があります。免疫機能を活性化し、アレルギーに強い体質を作ってくれます。
免疫システムを調整回復することで、アレルギー反応を抑制し(抗アレルギー作用)、免疫力を高めることで、強く健康な肌や粘膜をつくることで(免疫賦活作用)、アトピー性皮膚炎や花粉症に良い結果をもたらしてくれるのです。

皮膚を修復する作用と栄養をもたらします

また、プラセンタには成長因子による、細胞の活性化作用があります。
アレルギー反応によりダメージを受けた細胞を修復し、新陳代謝を高めることで、健康で丈夫な肌をつくるサポートをしてくれます。
さらに、プラセンタに含まれるたくさんの美肌成分もまた、炎症で傷ついた肌を元気にしていきます。

アトピー治療にも、プラセンタ

アトピー性皮膚炎の治療には、抗ヒスタミン剤やステロイド剤などをはじめ、非常に強い薬が長期に使用されることがあります。このような場合、副作用を心配される方も多いようです。

その中で、プラセンタは薬ではなく、人の細胞に働きかけて根本的な体質を変えていく働きをもつものであり、副作用などの心配もほとんどないといわれています。

実際、皮膚科などでは、プラセンタの持つ働きから、アトピー性皮膚炎の治療として使われることも多くなってきました。

アトピー性皮膚炎の症状や原因は人それぞれですから、まずはお医者さんと相談しながらですが、プラセンタ療法を取り入れてみても良いかもしれません。

馬渕知子先生 プロフィール
マブチメディカルクリニック院長。専門分野は、分子栄養学やアンチエイジング医療。
東京医科大学医学部医学科卒業後、東京医科大学病院に勤務。その後、あらゆる科との提携を結び、人間の体を総合的にサポートする医療を推進すべく、マブチメディカルクリニックを開設、同院長となる。医師としての立場から考える、美しく健康的に生きるための秘訣を、女性誌やテレビ番組などでも発信中。
http://www.hospita.jp/1215284/

馬渕知子先生

PAGE TOP