注射薬として使用されるヒト由来プラセンタ

美容目的にプラセンタ注射をする場合は高額に

ヒト由来プラセンタ

ヒト由来プラセンタは、医療機関だけが使用や処方を認められています。肝機能障害や更年期障害の治療目的であれば保険が利きますが、美容目的で利用する場合は保険が利きませんが注射する人は増えています。

人の胎盤から抽出されたプラセンタです。

ヒト由来プラセンタは、現在の日本では医療機関だけで使用や処方が認められ、医療用の注射薬として使用されています。肝機能障害、そして更年期障害の治療などに使われてきたプラセンタ注射ですが、近年では美容効果を求める人がプラセンタ注射を希望するケースが急増し、その需要は増加しています。

しかし日本は少子化が進み、日本で確保できるヒト由来プラセンタは不足しているのが現状といわれています。

プラセンタ注射は、「ヒト由来プラセンタ」

ヒト由来プラセンタは、国から認可された製薬会社だけに製造が許され、医薬品となります。
厚生労働省から認可されているヒトプラセンタの製剤は、次の2種類です。 「ラエンネック」という肝機能障害の治療に使用される製剤と、「メルスモン」という更年期障害の治療に使用される製剤です。治療で使用される場合は、保険が適用されます。

最近は、プラセンタがもたらす美容効果やアンチエイジング効果を求めて、プラセンタ注射を希望する方が増え、美容クリニックなどでプラセンタ注射を行っているところが増えています。

こうした美容目的でプラセンタ注射を行う場合、保険は適用されません。また、美容目的で行う場合は、プラセンタに加えて目的に合わせた成分を一緒に投与することも多く、やや効果な価格となります。

感染症などの危険性は?

日本では、ヒト由来のプラセンタを入手するために、体制が整えられています。また、ヒト由来プラセンタからの感染症を防止するための安全対策も、厚生労働省によって厳しく決められています。

一例を挙げてみましょう。
ある医薬品会社は特別な医療機関と契約を結び、梅毒、エイズやB型・C型肝炎などの感染症のない、そして疾患や障害のない妊婦さんから正常分娩で生まれた新生児の胎盤だけを原料に使用します。
製造過程においては、まずは120℃以上の高温で処理し、ウィルスや細菌を死滅させます。そして、プラセンタに含まれるホルモンや血液を完全に除去していきます。このように全ての過程で、エイズウィルス、B型・C型肝炎ウィルス、狂牛病の病原体として知られているプリオンなど、さまざまな細菌やウィルスなどの感染病原体をチェックし、厳しい検査の中で安全性を確保しています。

これからも分かるように、ヒト由来プラセンタは、製造や品質管理に徹底した感染症対策が実施されており、感染などの危険性は低いとされています。

実際に、日本では、ヒト由来のプラセンタ注射は約50年以上も使用されてきましたが、感染症などの重大な症例が出たことは、一例もないとされています。

なお、プラセンタ注射や点滴をした人は献血を控えるようにするという決まりがありますので注意して下さい。

ヒト由来のプラセンタは何が良いの?

ヒト由来のプラセンタは、注射や点滴での使用が一般的なので、血液中に直接、ある程度の量を一度に投与することができます。ですから、確実な作用や即効性などの部分では信頼性が持たれています。

ただ、ヒト由来のプラセンタ療法は医療機関でしか受けることができません。(ヒト由来のプラセンタ・サプリメントを取り扱っているクリニックもありますので、この場合は別ですが…。)プラセンタの成分は貯蓄しておくことができないので、目的によっては病院に定期的に通うことが必要となります。

価格的にもプラセンタの注射などは高価であることが多いので、時間も費用も費やす必要があるということです。
そういう意味で、医療機関で受けるプラセンタ療法に加えてプラセンタ・サプリメントと併用すると効率的にプラセンタの働きを活用することができるはずです。

馬渕知子先生 プロフィール
マブチメディカルクリニック院長。専門分野は、分子栄養学やアンチエイジング医療。
東京医科大学医学部医学科卒業後、東京医科大学病院に勤務。その後、あらゆる科との提携を結び、人間の体を総合的にサポートする医療を推進すべく、マブチメディカルクリニックを開設、同院長となる。医師としての立場から考える、美しく健康的に生きるための秘訣を、女性誌やテレビ番組などでも発信中。
http://www.hospita.jp/1215284/

馬渕知子先生

PAGE TOP