動物性よりも植物性プラセンタが人気の理由

安全性とプラセンタ独特のニオイがないと人気

植物性プラセンタ

植物性プラセンタとは、植物の胎座から抽出したエキスのことです。胎座には、植物の成長に必要な栄養が詰まっており、動物性と同じくアミノ酸やミネラルが豊富です。動物性と違い、成長因子が含まれていません。

植物には胎盤はありませんが、胎盤と同じような働きをしている「胎座」という組織を持っています。この胎座は、植物が成長するために必要な栄養素をたくさん含有しています。

植物の「胎座」から抽出したエキスを、一般に植物プラセンタと呼んでいます。原料となる植物としては、ライ麦、大豆、アロエ、アセロラなどが多く使われています。 動物性プラセンタとは成分などに大きな違いがありますが、植物プラセンタも豊富な栄養素を含んでおり、安全性も高い点から注目が集まっているようです。

豊富なアミノ酸を含む、植物性プラセンタ

植物性プラセンタには、アミノ酸、抗酸化成分、ビタミン、ミネラル類など、美容と健康にいい成分が豊富に含まれています。それにより、哺乳類動物の胎盤から抽出される本来のプラセンタと、同じような効果が期待できると言われています。
ただし、動物性プラセンタと決定的に違う点は、動物性プラセンタ特有の成分「成長因子」(グロスファクター)が、植物性プラセンタには含まれていないことです。

「成長因子」には、細胞分裂を促す働きがあります。
その働きにより、新陳代謝が活発になり、元気な細胞が活性化されるだけではなく、新しい細胞もつくられ易くなることで、さまざまな症状が改善されたり、美肌効果や若返り効果に期待がもてるのです。
植物性プラセンタの場合、アミノ酸や抗酸化成分、ビタミン、ミネラルといった豊富な成分の作用による効果は大いに期待できますが、動物性プラセンタ特有の「成長因子」がないために、細胞に働きかけて得られるアンチエイジング効果は期待できないだろうと考えられています。
ただし、「植物性プラセンタに細胞分裂を活性化させる働きがあるかどうか」については、まだ研究がなされており、意見も分かれているのが現状です。

動物性プラセンタとは成分的にも、そこから得られる効果も、異なることを知った上で、植物性プラセンタ製品を選ぶことが大切です。

安全性が高く、プラセンタ独特のニオイはなし

かつては牛由来のプラセンタが主流だった時代がありました。しかし、狂牛病や口蹄疫などが発生してからは、牛プラセンタの使用が禁止され、その頃から、動物性プラセンタの安全性が問題視されるようになりました。より安全で有効な成分を求めてプラセンタの研究がすすめられ、その一つの過程で植物性プラセンタが誕生したのです。

植物性プラセンタの魅力は、動物プラセンタに比べて、病原菌や残留ホルモンなどの不安要素がないこと。
動物性プラセンタでアレルギー反応が出た方が、植物性プラセンタを選ぶというケースも多いようです。
ただし念のため、原料となる植物(大豆やライ麦など)にアレルギーを持っている方は、使用は避けた方がいいかもしれません。

また、動物性プラセンタはその独特のニオイが苦手だという人がいます。プラセンタの商品にもよりますが、中には「獣臭」を感じる方もいるようです。
動物性プラセンタのニオイが苦手で体が受け付けないという方は、プラセンタの種類を変えてみたり、植物性プラセンタを活用するのも良いかもしれません。

馬渕知子先生 プロフィール
マブチメディカルクリニック院長。専門分野は、分子栄養学やアンチエイジング医療。
東京医科大学医学部医学科卒業後、東京医科大学病院に勤務。その後、あらゆる科との提携を結び、人間の体を総合的にサポートする医療を推進すべく、マブチメディカルクリニックを開設、同院長となる。医師としての立場から考える、美しく健康的に生きるための秘訣を、女性誌やテレビ番組などでも発信中。
http://www.hospita.jp/1215284/

馬渕知子先生

PAGE TOP