プラセンタだけに含まれる重要成分・成長因子

成長因子には、とてつもなく豊富な栄養素が含まれています

そもそもプラセンタって、なぁに?

プラセンタとは「胎盤」のこと。胎盤には豊富な栄養素が含まれ、なかでも「成長因子」はプラセンタにしか存在しない成分です。あらためてプラセンタを紹介するとともに、動物性と植物性の違いについても解説します。

プラセンタとは、日本語で「胎盤」のことをいいます。
胎盤は、お母さんのお腹にいる赤ちゃん(胎児)の発育のためには、必要不可欠な臓器です。
お母さんのお腹(子宮)の中では、わずか10カ月の間に、ひとつの卵(受精卵)から一人の人間にまで育て上げるためのすごい働きが目まぐるしく行われています。
あらゆる栄養素を提供し、腎臓や肺などの各種臓器がちゃんと機能していない胎児のために、各種臓器の代行を果たしているのが、胎盤なのです。

プラセンタは様々な働きを備えた臓器です

たとえば、胎盤を通してお母さんの血液から胎児へ酸素や栄養を送り、赤ちゃんが放出する不必要な炭酸ガスは胎盤をとおして、お母さんの血液に送り出されていきます。また、病原菌などの進入を阻止したり、胎児が病気にならず成長できるように免疫のサポートなども胎盤が行っています。肺、肝臓、腎臓、脾臓、小腸などといった臓器の機能を胎児は十分に備えていないため、このようにして胎盤が代わりに働いているのです。

いわば、赤ちゃんにとって胎盤は、人の体になくてはならないものをすべて備えた臓器といっても過言ではないのです。

まるで『宝』のような、成分と栄養素がぎっしり!

では、どうして胎盤(プラセンタ)には、それほど強力な働きをこなすパワーがあるのでしょうか?

それは、胎盤にはとてつもなく豊富な栄養素と、プラセンタだけに含まれる「重要な成分」が、存在しているためなのです。

お母さんのお腹にいる赤ちゃんに必要な栄養、つまり三大栄養素といわれるタンパク質・脂質・糖質をはじめ、アミノ酸、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸、活性ペプチド、ムコ多糖体など、胎盤にはたくさんの栄養素が含まれています。

そして、プラセンタだけに含まれている重要な成分が、「成長因子(細胞増殖因子)」(グロース・ファクター)です。この「成長因子」は、細胞分裂を促す働きがあります。

子宮内で1個の受精卵からわずか10カ月間に人の体に成長できるのは、たくさんの栄養素をもらいながら、プラセンタの成長因子によって細胞分裂を活性化させているためだと考えられています。この成長因子の働きが、人の細胞を活性化させることで、大人が取り入れたときにも健康のサポート役として活躍したり、若返りや美肌効果に働く期待がもてるのです。

現代の進歩した科学の分野においても、このプラセンタと同じ働きをもつ物質は作り出せないといわれています。

プラセンタには、私たち人の体に必要な栄養素と成分が、まるでお宝のようにぎっしりとつまっています。このすごい臓器は、古い時代から薬として使用されており、中国などでは不老長寿の薬として珍重されていたとされます。

動物性プラセンタと植物性プラセンタ

サプリメントや化粧品などで使用されているプラセンタは、おもに哺乳類動物の胎盤から抽出されたもので、馬、豚、羊などの胎盤から抽出した動物性プラセンタがほとんどです。
一方、病院などで打つプラセンタ注射(ラエンネック注射薬やメルスモン注射薬など)は、ヒトの胎盤を原料にしたプラセンタを使用しています。

サプリメントの中には、「植物性のプラセンタ」を使った製品も最近見かけるようになりました。
植物には胎盤がないのに、おかしいと思う人もいるかもしれません。実は、植物には胎盤はありませんが、これに匹敵するような組織を持っています。それが、植物の「胎座」です。これも英語では「プラセンタ」といいます。

植物性プラセンタには、アミノ酸やビタミン群、ミネラルなどの成分が豊富に含まれています。ただし、植物性プラセンタは、動物性プラセンタならではの貴重な成分である「成長因子」を含んでいません。ここが決定的な違いです。

動物性のプラセンタと同じように、豊富な栄養素が体に良い作用をもたらすことは分かっていますが、動物性プラセンタだけがもつ「成長因子」の働き、つまり、細胞の活性を促す働きは期待できないと考えられています。

ただ、動物性のプラセンタに比べて感染症の心配が少ないと感じる方も多いようです。

動物性プラセンタ、植物性プラセンタなど数々のプラセンタが手に入る時代です。それぞれの特徴を活かし、「今の自分には何が必要なの?」を考えながら選択することが私たちの健康や若々しさの維持につながります。
賢くプラセンタを活用するためにも、自分自身で「プラセンタ」についての知識を深めることは大切です。

馬渕知子先生 プロフィール
マブチメディカルクリニック院長。専門分野は、分子栄養学やアンチエイジング医療。
東京医科大学医学部医学科卒業後、東京医科大学病院に勤務。その後、あらゆる科との提携を結び、人間の体を総合的にサポートする医療を推進すべく、マブチメディカルクリニックを開設、同院長となる。医師としての立場から考える、美しく健康的に生きるための秘訣を、女性誌やテレビ番組などでも発信中。
http://www.hospita.jp/1215284/

馬渕知子先生

PAGE TOP