プラセンタドリンクを格付け!

売れてるドリンクを比較ランキングしています。

プラセンタアイテム ドリンク部門ランキング

18種類のプラセンタドリンクを徹底比較。ベスト5はこれ!

プラセンタドリンクが美容にいいのは判っているけど、種類がありすぎてどれを選べばいいか判らない…という方のため、口コミ・コスパ・成分の質などの項目で18種の製品を比較し、おすすめベスト5を決定しました!

1位

エターナルプレミアム
プラセンタドリンク

パンベシュ

  • 含有量 5ポイント
  • 安全性 4ポイント
  • コスパ 4ポイント
  • トライアル 0ポイント
詳しくはこちら
エターナルプレミアムプラセンタドリンク

有効な美容成分を1本にギュッと凝縮

国産SPF豚の胎盤から抽出された、高品質なプラセンタエキスをはじめ、コラーゲン・ツバメの巣・ローヤルゼリー・ヒアルロン酸・エラスチン・コンドロイチン・コエンザイムQ10という、いずれも実力・人気ともに高い美容成分が、ギュッと1本に凝縮されています。プラセンタエキスは、酵素を使用した方法で抽出されているので、分子量が小さく体内への吸収力が高くなっています。

通常価格 定期購入 内容量 一日の目安量 トライアル
6,994円(税込) 4,104円(税込) 50ml×10本 1本 なし
2位

プラセンタドリンク
コラーゲン&エラスチンプラス

日本ハムヘルスクリエイト

  • 含有量 3ポイント
  • 安全性 3ポイント
  • コスパ 4ポイント
  • トライアル 3ポイント
詳しくはこちら
プラセンタドリンク コラーゲン&エラスチンプラス

コスパが魅力のプラセンタドリンク

日本ハムグループで開発された、豚由来のプラセンタドリンクです。食品メーカーである日本ハムグループが独自に定めた、厳しい品質管理基準を満たしており、安全性の高いドリンク製品です。高価なプラセンタの含有量が多いにもかかわらず、お値段はとても手軽で、コストパフォーマンスの良さが光ります。

通常価格 定期購入 内容量 一日の目安量 トライアル
3,456円(税込) 2,765円(税込) 50ml×10本 1本 あり
3位

プラセンタ液150000

フラコラ

  • 含有量 1ポイント
  • 安全性 4ポイント
  • コスパ 4ポイント
  • トライアル 4ポイント
詳しくはこちら
プラセンタ液150000

プラセンタとコラーゲンがたっぷり

管理基準が国産SFP豚よりも厳しいと言われる、デンマーク産の豚を原料として使っています。その高品質なプラセンタエキスに、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンピプチ度など、さまざまな美容成分を配合したドリンクです。特にプラセンタとコラーゲンの含有量が多いのが、このドリンクの特徴となっています。

通常価格 定期購入 内容量 一日の目安量 トライアル
4,320円(税込) 3,672円(税込) 480ml 16ml あり
4位

セレブの時間

日本ハムヘルスクリエイト

  • 含有量 3ポイント
  • 安全性 3ポイント
  • コスパ 3ポイント
  • トライアル 4ポイント
詳しくはこちら
セレブの時間

日本ハムグループ開発の美容ドリンク

原料となるプラセンタの選定・抽出・加工までを、日本ハム中央研究所が徹底管理して製造しているのが「セレブの時間」です。安全性の高さと、大企業のグループ会社という安心感が評価されています。継続できるよう、美味しさにもこだわっています。

通常価格 定期購入 内容量 一日の目安量 トライアル
5,400円(税込) 4,320円(税込) 50ml×30本 1本 あり
5位

わたしのプラセンタ

健康コーポレーション

  • 含有量 4ポイント
  • 安全性 3ポイント
  • コスパ 3ポイント
  • トライアル 2ポイント
詳しくはこちら
わたしのプラセンタ

プラセンタ含有量が魅力の1品

安心・安全な国産SPF豚の胎盤から抽出された高濃度プラセンタエキスが、30,000㎎も配合されたドリンクです。そのほかにも吸収率の良いコラーゲンペプチド、肌を活性化するEGF、美容食材のツバメの巣、日本伝統の美肌成分である酒粕エキスなどの美容成分が配合されています。

通常価格 定期購入 内容量 一日の目安量 トライアル
6,400円 4,200円 50ml×10本 1本 あり

プラセンタドリンクを選ぶポイントとは

選ぶ時の第一のポイントは、プラセンタの由来です。豚・馬・羊・魚など色々な由来があるので、体質に合ったものを選ぶといいでしょう。二つ目に濃度と含有量があります。ドリンクは、水で薄めて飲みやすくしているので、濃度が低く含有量も少なめです。できるだけ高濃度で含有量の多い物を選びましょう。また飲みやすさも大切なポイントです。どんなフレーバーで風味をつけているのかも忘れずにチェックしましょう。もっとも気になるランニングコストは、サプリメントに比べると少々高め。毎日続けるにはお財布には厳しそうです。サプリメントをメインに考え、補助的にドリンクを飲む方法が効果的といえそうです。

PAGE TOP